お問い合わせ 048-591-8085 脳と身体のレッスン フェルデンクライス

赤塚クラス(アクターズ・トレーニングジム)

11月22日(金)13:00~14:30
今回は顎、舌骨、肩甲骨の連携を探索します。

下顎は下顎骨がぶら下がっている状態、舌骨は骨のつながりも関節もなく、ぶらりぶらりと揺れるブランコのようです。鎖骨と肩胛骨はかろうじてつながり、舌骨と肩胛骨をつなぐ筋はとても細く、頼りなさそう。
このように顎と舌骨と肩甲骨は身体の中でもゆらゆらした不安定と言えば不安定な器官ですが、とても自由度の高い器官と言えるのではないでしょうか。
今回のレッスンでは、顎、舌骨、肩甲骨の連携を探索し、その自由な動きを楽しんでいただきたいです。

私は顎関節症だったので、ひどいときは口が開かなくなった経験があります。そうなると肩胛骨も舌も股関節も不自由になり、体そのものが一つの塊になったように感じました。背骨も変形してしまいました。
フェルデンクライスのレッスンを通して舌の動きから肩胛骨の動きがスムーズになり、顎の動きも楽になることを体感したとき、今までに味わったことがない、あまりにへんてこな感覚を笑っちゃったのを覚えています。

顎、舌骨、肩甲骨この三つの部位のつながりは面白く、へんてこでまだまだいろいろ遊べそうです。
この顎、舌骨、肩甲骨の連携がスムーズになっていることで私の平衡感覚は確実に良くなっています。歩くのもとても楽です。重力に対して中心が安定している感じです。

役者やダンサーのみなさんにとって重力に対して中心が安定しどの方向にも動けるということは、どんな状況にも反応できるということだと思います。舞台空間で非常に有効で大切なことだと思います。


アクターズ・トレーニングジム
Map→ http://actorstraininggym.web.fc2.com/studio.html